Home Contact RSS
中文 | English | 日本語

京劇マスク


名前:ジーン・マーク
国籍:フランス

わたしは服飾から舞台まで手がけるデザイナーです。この仕事には豊富な知識が求められるので時間が許すかぎり、展覧会を見に行ったり、いろんな新しい物を探しに行ったりしています。

ちょうど中国に仕事で来たので、これを機会に東洋の文化を学んでみたいと思いました。ちょうど友達がチャイナタウン文化センターを紹介してくれたので、申し込むことにしました。

今日学ぶのは京劇マスク。この色とりどりのマスクはとても躍動感にあふれていて、独特の美しさです。私もこの色使いの感覚を学びたいです。

教室にはいろんなマスクが展示してあって今回の授業の内容は京劇マスクの知識だけでなく、実際にマスクの色を自分でぬってみるそうです。絵を描くのは自信があるので、とても楽しみです。

中国文化の醍醐味、京劇では顔の色がとても重要な意味を持っているそうで、役柄によって顔の色が決まっているそうです。例えば、白色の代表的な人物は曹操、赤色は関公、黒色は張飛です。もともと京劇では色を直接顔にぬりますが、デザインとしても装飾的価値があるのでいろんな形で楽しめるらしい。見て、先生はしゃもじにも描いてるよ。

先生に色の塗り方や注意点を教えてもらって、さっそく開始!

絶対、完璧な京劇マスクを作ってみせるぞ。


黒色の部分は塗り終わった。

次は赤色の部分だ。

ここはちょっと難しいぞ。先生、どうすればいいですか?

先生が模範を見せてくれました。さすがプロ!描く線がまっすぐだ。

もうすぐ完成

できたぞ。どっちが先生のか分かるかな?同じくらい良いできでしょう?

贴个小条儿